スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
東京砂漠、マルと角と時々カラス。
2009-03-29 Sun 00:08
森岡です。

昨日はマルちゃんとカドちゃんと代々木公園で稽古に励みました。

でも私たちは代々木公園に入った瞬間重大なことを忘れていたことに気づいたのです。

そう、この季節、代々木公園、そして土曜日。

花見。

いつもより一段とにぎわう代々木公園で、酔っ払いと酔っ払いたちの食べ残しに群がるカラスとイチャ

つく外国人に囲まれながら、コントの稽古に励みました。
代々木公園


休憩中に、私が東京のカラスと外国人の数の統計学的数値と分析について熱く語り、そして代々木

公園カラス男前選手権のため、カラスを激写しようとしていたら、

「森岡さん、カラス似合うね。。。」

と、思いもかけないカドちゃんの毒舌に心を病み、放心。

カラスが似合うって何?カラスを肩に乗せてても違和感無いわよってこと?

ひとりでパニックに陥っていると、

「ちょっと!集中してよ!!」という

マルちゃんの声が。

まるかど

「お!どしたどした?」とあわてて駆けつけると、

カドちゃんが稽古中にも関わらず、立ちションに来るおっさんの数を数えていたため、

マルちゃんが激怒。

カドちゃんは最初は、「そこで怒るのって、おカド違いじゃない!?」、と

うまいこと言って、反抗したのが運のつき。

マルちゃんが思わず手をあげ、カドちゃんが泣いて謝るという事件が勃発。

あんなに優しかったマルちゃんが・・・

全部東京が悪いんだ。

東京がマルちゃんの心を奪ってしまったのだ・・・    (つづく)

半分うそです。










スポンサーサイト
別窓 | 稽古場日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 子犬会議blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。