スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
告白
2009-04-21 Tue 23:54
鈴木はあの時、真剣に悩んだんだ。


丸ちゃんと、スタッフさんのお弁当の買い出しにいったあの日。

コーヒーを買うか
紅茶を買うか
日本茶を買うか
ミロを買うか。

ね、丸ちゃん。
捨てがたかったよね、ミロ。

二人でミロの前でずーっと立ち止まってた。

コーヒーかな?紅茶かな?
ミロじゃ駄目かな?

いいよね。ミロ。
みんなミロ飲みたいよね。
ここはやっぱりミロだよね。

でも…

ミロを買うには牛乳を買わなきゃいけない。
なるべく経費はかけたくないのに。
なんで水で出来ないんだよ、ミロ。

諦めてコーヒーを手にとって、紅茶と悩んで
やっぱり二人でミロの前に立つ。

ミロ…ミロ…ミロ…。
ミロが飲みたい。
いま、とてもミロが飲みたい。
何年飲んでないか分からないけど
とてもミロが飲みたい…。

丸ちゃんとあの時、苦渋の決断をしたんだ。
ミロを…ミロを諦めようって。
ミロは水じゃあ出来ないから仕方がないんだ、って。

丸ちゃんはミロの前でウンウン唸ってた。
『ミロ…。やっぱり…あぁ、でも…うーん…』
って、ずっと言ってた。

畜生。
なぜ水で出来ないんだよ、ミロ。
お前が、お前が水でできれば
わたしたちはあんなにも悩まなかったのに。


そんなこんなだった、あの日。
もしも『あいつら遅いな』ってあの時思ってた人がいたとしたら。
そういう訳だったんだよ。

っていう、告白。

ミロ


すずあい
スポンサーサイト
別窓 | メンバー日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 子犬会議blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。