スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニャンニャン。
2009-04-14 Tue 18:25
大人の対応って難しい…と思う、今日この頃。

どうも、鈴木です。


あなたならどうしますか…?

喫茶店で茶を飲んでいると……

向かいの席の
自分よりも一回り年上の
ちょっと知り合いの男性が……

携帯で『ニャンニャン語』で話し始めたら………。



それは昨日のことです。

盗み聞き…、いや、耳に勝手に入ってきた言葉によると……

『体調が良くニャイんだよな~』

『だからコーヒーをニョンデ、力をつけてるニャ』

『ニャンか、血圧が低くて』

『ニャンでかな~、ニャンでだろうな~』

と、ニャンニャン語炸裂。


…そのあとも、ずっと電話でニャンニャン言ってました。


何故…ニャンニャン?
体調が、体調が悪いからなの??


どんなに自分の耳を疑っても聞こえてくる『ニャンニャン』。


いいんです。
構わないんです。

世の男性が、時と場合によってはニャンニャン星人になることは

とりあえず、まぁ、いいんです。


が、しかし。

本当に『ちょっと』知り合いの男性が…
そんな唐突にニャンニャン星人になられると………

もうアタシは脂汗もの。

聞いてない振りをするにも、目前に座っているアタシ。


アタシの存在に気づいているよね…??

いいのかしら、話聞こえてるケドいいのかしら……??

それともニャンニャン語って、アタシの知らないところで世間一般に普及しているのかしら……??



―――結局

電話終了後、急に普通に戻った彼に話しかけられましたが

『アタシ何も気にも止めてませんが、何か?』
という顔を必死で貫きました。

喫茶店にて役者魂の発揮です。


…ですが、

それが正しかったのか…

逆に『ニャンニャン語』に触れた方が良かったのかは…

未だに分かりません。。。


この記事をみた、男性諸君。

是非とも、この『ニャンニャン心理』の答えを教えに
次回のコント公演に来て下さい。


すずあい
スポンサーサイト
別窓 | メンバー日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ささやき | 子犬会議blog | それはもうヨガではなく脱臼だよ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 子犬会議blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。